観光地巡り

名古屋から日帰り旅行におススメの場所①小田原編

旅行に行きたいけど、どこかおススメの場所がないかな…と思う人はいませんか?

名古屋に住んでいる僕が今まで旅行した中で良かった場所を紹介をしていこうと思います。

そこで日帰りでも行けてしまうおススメの旅行の場所を紹介します。

今回はおススメする場所は神奈川県小田原市

地図をみると神奈川県の場所なので結構遠そうに見えますが、新幹線のひかり号を利用すれば1時間程度で行けてしまう場所。

小田原市は、どちらかというと東京などの関東に住んでいる人が日帰り旅行として行く場所として人気の場所ですが、名古屋に住んでいても充分日帰り旅行を楽しむ事ができる場所です。

僕は新幹線を利用して小田原に行ったのですが、9時26分に名古屋駅を出て10時40分には小田原駅に到着していたので、ほぼストレスなく移動する事が出来ました。

おススメポイント①小田原駅周辺にスポットが集中

小田原市の観光名所と言えば、小田原城が有名です。

小田原城は駅から近い場所にある為、気軽に行ける所がポイント。

その近さは小田原駅からでも見えるくらい。近いので徒歩でも十分に行く事が出来ます。

バスや電車での時間や予約を全く気にすることなく行けるので効率良く見る事ができます。

小田原城周辺には、観光地を意識している部分もある為、ちょっとしたレストラン街やかまぼこロード(小田原はかまぼこが有名です!)があり日帰りでちょうどいい位には楽しめるのもポイントですね。

おススメポイント②箱根まで目と鼻の先

全国的に有名な温泉地、箱根温泉から近いのもポイントです。

その近さは、電車やバスで15分程度の場所にある位近いです。

僕自身も小田原市と箱根がこんなに近くにあるとは思っていなかったのでかなりびっくりしました(笑)

小田原市も楽しめますが、箱根は温泉地としてもかなり有名!温泉目的で来る観光客の獲得にために日帰りに特化した温泉施設が充実しています!

個室で温泉を楽しめる所もありますので、気兼ねなく温泉に浸かる事もできます!


有名スポットもたくさん

小田原駅から電車を利用する時際には、箱根登山鉄道を利用しますが途中下車で楽しめるスポットもあります。

神奈川県立生命の星・地球博物館(博物館ですが、人気の高い観光スポットです)

かまぼこ博物館(鈴廣蒲鉾本店があり、かまぼこを買う事もできます)

どちらも駅の目の前にあるので、箱根に立ち寄ってみる前に行ってみると時間を有効活用できますよ!

オススメのモデルコース

では、私が行ってみて実際にこの順番に楽しめれば小田原を満喫できたと思うモデルコースを紹介します!

9:30~10:30 新幹線ひかりを利用して小田原に到着

ここ注意していただきたいのが、小田原に停車するひかりの本数がかなり少ない事!

新幹線の時間だけは事前に調べておくことをお勧めします。

10:45~13:30 小田原城と周辺地域を散策

小田原城は近くで見るとかなり迫力があります。

石垣の下にはあじさいがたくさん植えられていて、6月初旬から中旬にかけてはあじさいを見る為に訪れる人も多いです。

小田原城の裏には子供が楽しめる小さな遊園地が…

値段がめっちゃ安い…!バッテリカーは子供が喜んで乗っていました。

小田原城内ある報徳二宮神社という所もおススメ。

ここにはかなりおしゃれな雰囲気のカフェがありますので、ここで休憩するのもあり。

小田原柑橘倶楽部というお店ときんじろカフェというお店があります。

僕はきんじろうカフェでご飯を食べてまったりしていました!

[box class=”glay_box” title=”かまぼこロードはオススメ?”]かまぼこロードは、小田原駅から小田原城に向かう方向と同じです。小田原城からもう少し離れた場所にあるのと、かまぼこの里に行けばカバーできるので特別行く必要はないかなと個人的には思います。買うだけなら小田原駅前にも売っています。[/box]

14:00~16:30 地球博物館かかまぼこの里に寄る

箱根登山鉄道で箱根湯本に行く途中に、地球博物館かまぼこの里に寄ってみると楽しめます!

地球博物館は入生田(いりうだ)駅から徒歩3分、営業時間が16:30

かまぼこの里は風祭駅から徒歩30秒、営業時間が17:00

となっていますので、両方行くのは少し厳しいかも知れませんが、場所は離れていないので両方行く事も不可能ではないです。

17:00~19:00 箱根温泉で日帰り温泉を楽しむ

箱根温泉には数え切れないほどの温泉施設があるので、おすすめできる温泉施設は一概には言えません。

ただ、個室ごとに温泉がある所もあるので、せっかくならそのような場所を選ぶのがいいかと思います。

名古屋にもスパとかは沢山ありますが、個室ごとに温泉がある場所は殆どないので。

こんな感じの所で疲れを癒しました。

事前にここに行く!と決めておくと、箱根についても迷う事がないので決めておくことが重要だと思います。


19:30~21:00 小田原駅でお土産や夜食を楽しむ

小田原駅でお土産や夜食をとるといいです。駅周りは充実しているので、場所に困る事は殆どないと思います。

21:00~ 新幹線で名古屋へ

最終は21:50分ごろですが、余裕をみると20時前がおススメです。帰りの新幹線の時間も事前に調べておきましょう。

小田原の楽しみ方まとめ

いかがでしょうか。少しでも小田原に興味を持ってみたら、是非行ってみる事をおススメします!

のんびりしていて日々の疲れを癒す事ができいい場所ですよ。今回は以上です!

[voice icon=”https://denknit.link/wp-content/uploads/2018/03/IMG_5058.png” name=”やわめ” type=”l line”]個人的にはかなり楽しめました。[/voice]