観光地巡り

名古屋から車で80分で行ける!長野のりんごを120%楽しむ方法。

秋リンゴを楽しむ方法

秋のフルーツと言えばりんごが代表的ではないでしょうか。

りんごは品種によって差がありますが、秋初めの9月から冬にかけて旬となります。

長野のりんごの代表的な品種は、紅玉・王林・サンふじ辺りが有名です。

3種類とも10月頃から旬となります。

つまり、長野のりんごを味わうのなら10月頃がおススメです。

長野県はだだっ広いですが、岐阜県に近い地域であれば名古屋からでも80分で行けます。

この辺りでもリンゴ農業は盛んですし、日帰りでも十分行ける距離です。

りんごの収穫量第二位の長野県。りんごをとことん味わう方法を紹介します。

①りんご狩りを楽しむ

まずはりんご狩りです。

愛知県でりんご狩りが出来る場所はほとんどありません。というかありません。

(愛知県では、ぶどうやみかん狩りが盛んです。)

だからなのでしょうか、ぶどう狩りは行った事あるけど、りんご狩りはない!という人が私の周りには結構います。

ただ、ちょっと遠出しておでかけすると、りんご狩りが出来る所が沢山あるものです。

おススメの地域は飯田市。飯田市は長野県の中でも割とりんご栽培が盛んな地域です。

「高速のICがありアクセスが良い」「日帰りでも行ける」という所もポイントです。

りんご狩りにおススメの場所は、木下農園という農園です。

木下農園では、りんご狩りと制限時間なしでの食べ放題ができます。太っ腹ですね…。

料金も大人650円・子供300円でとてもリーズナブル。思う存分りんごを楽しむ事ができます。

基本情報

木下農園(きのしたのうえん)

住所:長野県飯田市下瀬301‐2

長野県飯田市下瀬301‐2

営業時間:9:00~16:30

天竜峡IC下車すれば5分で行く事ができます。

駐車場:30台(無料)

公式ホームページ:http://www.dia.janis.or.jp/~kinosita/

②スイーツ店巡り

りんごが沢山採れる場所なら、スイーツも沢山あるのが長野県です。

アップルパイ、タルト、バームクーヘン…いろいろな洋菓子にりんごは使われています。

正直、リンゴ狩りだけではもったいない位なので、せっかく行くならスイーツも楽しんでみていかがでしょうか。

飯田市の洋菓子店をいくつか紹介します。

HOTA PASTRY(ホタ パストリー)

飯田市にあるパティスリー。ケーキや焼き菓子などが並んでいます。持ち帰り。

アップルパイ(¥350)は、紅玉という品種が使われていて味も大人っぽいです。

住所:飯田市本町1-15 トップヒルズ本町1階

飯田市本町1-15

定休日:火曜日

cafe & zakka ATAGO

昔ながらの酒蔵をリノベートしたカフェ。

カフェであるので、パスタやハンバーグなど本格的な料理も楽しむ事ができます。

特に、地元産である紅玉を使ったワッフルがおススメです。

ランチにもぴったりなお店です。

住所:長野県飯田市愛宕町2844−2

長野県飯田市愛宕町2844−2

定休日:月曜日

電話番号:0265‐48‐5602

ホームページ:http://www.kankanshizenmura.com/cafe_atago_top01.html

MARRON(マロン)

フランス菓子を扱う洋菓子屋さん。バームクーヘンが看板商品です。

りんごを丸ごと一個使ったバームクーヘンは見た目のインパクトもありお土産にも適しています。

一度に食べれるなんてなんと贅沢!

住所:長野県飯田市鼎名古熊2082-4

長野県飯田市鼎名古熊2082-4

定休日:決まっておらず、休みは不定休。

ホームページ:http://ringobaumkuchen.com/

③りんご風呂に浸かる

りんごの特産地だからこそできるものが、りんご風呂です。

いつもとはちょっと違った温泉…りんごと一緒に湯舟に浸かってみてはいかがでしょうか。

いい香りがしますし、遠出してきた疲れも癒せます事ができますよ。

ただし、りんご風呂は常時やっている場所となると、長野県では松本市など離れた場所になってしまいます…

しかし、飯田市でもイベントでりんご風呂を行っていることがあります。

お出かけする日に、りんご風呂がどこかでやっているか・いないかをリサーチしておくといいでしょう。

りんごの楽しみ方まとめ

いかがでしょうか。

最後に、長野県だからこそ体験できる3つの楽しみ方をもう一度見てみます。

①リンゴ狩り

②スイーツ

③りんご風呂

これだけ楽しめれば、かなりのりんご通です!

機会を見つけて、長野県にお出かけしてみてはいかがでしょうか。