グルメ

名古屋栄にあるフライドポテト専門店について。マックとの違いは?

フライドポテトの専門店がある!

名古屋栄にはフライドポテトの専門店があります。

私が知っているだけでも2店舗はあるので、それぞれのお店の特徴を紹介します。

フライドポテトはマックとかしか知らない!という方は是非参考にしてみてください。

AND THE FRIET(アンドザフリット)

フライドポテトの専門店です。ラシックの地下1階に新しくできたお店です。

もともとは東京のお店ですが、今回名古屋に初進出したようです。

メニューですが、フライドポテトの専門店なので基本フライドポテトしか売っていません。

しかし、ポテトの種類が豊富です。その数なんと8種類!

8種類全部がいつも出ているわけではなく、季節ごとに旬なものを6種類セレクトして販売しているそうです。更に、それぞれのポテトにあったカットの仕方を行っており、徹底して美味しさにこだわっているのが分かります。

種類は以下の8種類です。(季節によって出てくものは違ってきます)

・ビンチェ(ベルギー産)
・北海こがね
・マチルダ
・クリスピー
・カーリー
・クリスカットスイートポテト
・ノーザンルビー
・紅まさり

ディップは常時10種類用意

フライドポテトポテトだけでは物足りない部分を補う為、アンドザフリットではポテトにつけるディップも充実しています。ディップは定番のマヨネーズから明太子を使った少し変わったものまで用意されていまいす。

それだけではなく、月替わりで限定のディップが登場する可能性があります。

ポテトのみならず、ディップも種類が豊富なので何度でも違った味を楽しめます。


マックと何が違うの?

正直、フライドポテトなんて大差がないと思っている方もいるのではないでしょうか。

そんな事はありません。

アンドザリットのいい所は、フライドポテトが冷めても美味しい所です。

マックのポテトは冷えたら芋がぱさぱさになってしまいますが、アンドザフリットのポテトはしっとりとした感じになり一味違ったポテトになります。

特に、ベルギー産のビンチェが冷めても美味しいです。

テイクアウトする際にはちょっとづつ食べる事が前提でもあるので、冷めても美味しいのはありがたいですね。

栄でフライドポテトを味わいたいと思った時は、味わってみて下さい。

フライドポテトについてまとめ

こんなに種類が豊富とは、フライドポテトの世界は奥が深いですね。

ちなみに、栄にはフライドポテト専門店がもう1店舗存在しています。

Potatty(ポテティー) 栄本店というお店です。

こちらのお店も、ポテトの種類が8種類・ディップが10種類あり、アンドザフリットとよく似ています(笑)

いつか両方のお店でフライドポテトの食べ比べをしたいと考えています(笑)

アンドザフリット基本情報

愛知県名古屋市中区栄 3-6-1 栄ラシック B1F

<strong>愛知県名古屋市中区栄 3-6-1 </strong>

営業時間:11時~21時

基本的には定休日はありません。(ラシックの休業日に準ずる)