雑記

初めてフェスに参加する人はこれを持っていけば安心。注意点も紹介します。

音楽フェスについて

近年盛り上がりを見せている音楽フェス。

昔の音楽フェスは音楽が好きなヘビーユーザーが参加するイベントでしたが、近年はそうではない人も多く参加するお祭りのようなイベントになりました。

そんな音楽フェスに初めて参加するという人も多いのではないでしょうか。

今回は、初めてフェスに行く人向けに持っていくと安心できるものと、フェスに参加するにあたっての注意点をまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

フェスにこれを持っていけば安心

スマホ用のバッテリー

スマホ用のバッテリーは、持っていきたいものリストの中でもかなり上位です!!

夏フェスなどの音楽フェスは野外で行われる事が多いので、基本的に充電は出来ない考えた方がいいです。

フェス自体が一日がかりのイベントでもあります。

それにフェスは、会場への電車を調べたり、友達との連絡、タイムテーブル観覧、記念撮影、暇な時にいじったり…などスマホを触っている時間が案外多いのです。

ですので、スマホ用のバッテリーを持っている人は持っていく事をお勧めします。

ただ、フェスだと持ち物はなるべく持たずに身軽にしていた方が良いので、軽量のモバイルバッテリーをオススメします!

普段から夜頃になると、スマホの充電がかなり消耗してしてしまう人は要注意です。

電源が切れてしまって、連絡が取れない…!なんてことにならないように注意しましょう。

スポンサードリンク

小銭などの現金

お金を持っていく場合は、小銭をある程度用意しておくといいです。

紙幣でもいいですが、あまり現金を持ってしまうと盗難などで無くした際のショックも大きいのです。小銭と紙幣合わせて1万円程度あれば十分です。

現金をしまう為の小銭入れも普段使っている財布とは分けておいた方が万が一の時の為にも安心です。

レジャーシート

レジャーシートは野外で行われるフェスで役に立ちます。

フェスは多くの人が集まる為、休憩所が混雑している場合がほとんどです。

また、ほとんど立ちっぱなしで観戦していることが多いので、かなり足に負担がかかります。

そんな時にレジャーシートを敷けば座ったり寝転んだりすることが可能になり疲れを軽減する事が出来るのでお勧めです。

ただ、レジャーシートを敷く場所を探すのが少し大変です。

フェスでの注意点

クレジットカードは使えない事がほとんど

普段現金で買い物をしている人は、関係のない話ですがお店に売っている売店はクレジットカードが使えず現金で支払うことがほとんどです。

 

グッズ売り場では少しづつクレジットカード決済ができる事も増えてきましたが、現金のみが多いので、1万円前後で現金は持っておいた方が安心です。

安全の為にもフェスへ出かける際は、クレジットカードについては必要最低限だけ持っていくようにした方がいいです。

フェスのリストバンドはしっかりつけよう

会場入り口でチケットと引き換えにもらえるリストバンド。

これ、しっかりと付けないと外れてしまうことがあります。

気付いたら腕に着けていたはずのリストバンドがない…となるとフェスを楽しむ所ではなくなります…。

リストバンドを貰ったら、穴にパチンとしっかりはめて外れないことを確認してからフェスを楽しみましょう!

宿を確保するか、車での移動手段を考えよう

フェスによっては、電車などの移動にかなり苦労してしまいます。

場合によっては、電車がに人が溢れすぎてかなりの時間待たされるという事もよくあります。

普段は便利な電車ですが、人が混んでしまうと電車はあまり機能しなくなり不便を被ってしまいがちです。

余裕があれば、徒歩範囲での宿をとっておくことが一番です。

また、車での移動手段を考えている場合は、レンタカーやnottecoなどのライドシャアを利用すると上手く移動ができる事が多いです。

電車で帰る場合は、事前に座席の指定ができるグリーン車などの予約をしておきましょう。

まとめ

音楽フェスに持っていくと安心できるものと注意点をまとめてみました。

せっかく楽しむなら、フェス当日になにか不都合なことが起きないように準備しておきたいですよね。

ここに紹介した事以外にも、各個人で必要になるものは事情によっても変わってくると思うので、一度自分で何が必要なのかを考えてみる事が大切です。

最後に、上には書いてませんがチケットは忘れないよう注意ですよ!

スポンサードリンク