観光地巡り

中津川にある龍神の滝について。滝つぼの水面が美しすぎると話題に!

岐阜県中津川市にある「龍神の滝」とは?

岐阜県にある滝の1つに龍神の滝という名の滝があります。

岐阜県の名水に指定された由緒ある滝です。

この龍神の滝の水面の美しさがすごく綺麗と話題になっているので、龍神の滝の概要とアクセス方法などを紹介します。

龍神の滝について

まず、龍神の滝がある場所について詳しく説明します。

龍神の滝の場所

岐阜県中津川市川上

<strong>岐阜県中津川市川上</strong>

中津川市外からは外れた場所の川上という所に龍神の滝があります。

地図で見てみると中央自動車道からかなり北の所に位置しています。

中津川駅からだと22kmの距離があり、車で行こうとすると30分程度かかります。

駐車場は、県道411号の終点である夕森公園で無料で停める事ができます。

夕森公園について

夕森公園は滝だけではなく、キャンプやマス釣り(4月~11月)を楽しむ事ができるレジャースポットです。

夕森公園のホームページ:http://youmori.com/

龍神の滝は夕森公園の川下に位置しており、きちんと遊歩道も整備されているので気軽に見に行くことが出来ます。

龍神の滝からさらに奥へいくと「銅穴の滝」という滝も見ることが出来ます。

とてものどかで自然の恩恵を存分に受ける事ができる公園です。

美しすぎる淡いエメラルドグリーンの水面

龍神の滝が凄いところは滝つぼの水面の色です。

普通の滝では見られない淡いエメラルドグリーンをしています。

普通の滝は泡が立って白く濁っているイメージがあるかと思いますが、龍神の滝は迫力さながら、水面の色が青くコントラストが際立っています。

透き通っていて、滝の近くでも水底まで見えそうな感じです。

また、季節や見る時間帯によっても色が変わって見えるのが特徴です。

この様に水面がエメラルドグリーンになりやすい時間帯は朝方日が出始めた頃です。

夏の朝に訪れるという方も少なくありません。


紅葉とのコラボレーションも!?

また、夕森公園は紅葉の名所地としても人気の場所です。

毎年11月頃には夕森もみじまつりというイベントも行われています。

龍神の滝にいくまでの道が紅葉の見所です。紅葉のじゅうたんをあることができます。

ちょうどタイミングがあえばこのような紅葉と滝を見る事ができます!

秋に行ってみる事もおススメです。

龍神の滝についてまとめ

龍神の滝についてまとめてみました。

滝を見に行く場合は、梅雨が明けた頃の7月中旬から8月。

紅葉がきれいな10月~11月頃がおススメです。

実際にエメラルドグリーンの水面色を見てみると驚くこと間違いないです。

自然の恩恵を肌で感じで見てはいかがでしょうか。