愛知のいろは

愛知県に住んでいたら一度は見ておきたい四谷千枚田の見頃はいつ?

四谷千枚田について

四谷千枚田は愛知県新城市にある棚田です。

棚田の中でも400年以上の歴史があると言われ、日本の棚田100選にも選ばれている絶景のポイントです。

近年は農作業者の高齢化が進んでおり、将来棚田の景観がなくなってしまうとも言われています。

四谷千枚田は全国にある棚田の中でも奥行きがとても美しい棚田です。

せっかく行くなら、景色がいいときに行きたいですよね。

四谷千枚田の見頃はいつなのでしょうか?


四谷千枚田の見頃

四谷千枚田で見越の時期は、まず初夏の青々とした時期がおススメです。

月で言うと梅雨が明け少し経った7月初旬頃からが見頃です。

この時期は、田植えをした苗がまさに大きく育っている最中です。

田んぼ一面が新緑の色をしています。また、梅雨があけ台風が通った後の空を狙うと青色とのコントラストが映えます。

ちなみに、5月頃は田植えをする時期なので写真のような美しい風景をみるにはまだ少し先となります。

田植えの様子を撮影される方もいます。もし撮りに行く場合は、作業を行っている方への配慮を必ず行いましょう。

また6月は梅雨で雨の日が多いので、空が晴れていないことが多いです。

稲の青々しさを見る場合は7月がオススメ!。

黄金色の稲穂を見る場合

黄金色の四谷千枚田を見たい場合は、9月中旬がおススメの時期です。

毎年8月の下旬ごろから一部の苗が稲穂を付け始め、色も黄金色に染まっていきます。

9月中旬になる事には棚田一面が黄金色に変わる時期となり、美しい景色が広がります。

稲刈りは丁度9月中旬の前後から始める事が多いです。

大体一か月ほどかけ10月中旬まで丁寧に稲刈りを行います。

棚田は機械が入るスペースがないので、手作業での作業になります。1つ1つ丁寧に稲刈りを行っていきます。

四谷千枚田へのアクセス方法

住所:愛知県新城市四谷

<strong>愛知県新城市四谷</strong>

南に位置する新東名高速道路が開通してから訪れる人が増えました。

車で行く時は、新東名高速道路にのって新城ICを目指すと行きやすいです。

新城ICで降りてから30分ほどかかります。

駐車場は20台無料で停められる場所があります。

もし、駐車スペースが埋まっていた場合は、新城市観光協会に問い合わせてみましょう。

電話番号は

0536-32-0022

となっています。

各高速道路を利用した場合

・新東名高速道路 新城I.C ~車 18.5km←オススメ!
・東名高速道路 「豊川」I.C. ~ 車約60分 33.5km
・三遠南信自動車道 「鳳来峡」I.C. ~ 車約40分 28km
・新東名高速道路「浜松いなさ」I.C. ~ 車約40分 28km

さいごに。四谷千枚田についてまとめ

日本にある棚田の中でも愛知県の有名な棚田について紹介しました。

愛知県以外にも棚田は沢山ありますが、今回紹介した新城市にある棚田は歴史があり古くからの景色をそのまま受け継いでいる雰囲気を味わえます。

新東名高速道路を利用すれば、スムーズにたどり着くことが出来ますので時期を狙って訪れてみてはいかがでしょうか。