イベント情報

名古屋オクトーバーフェストの注意点!予算は?予約はできる?

名古屋オクトーバーフェスト開催

日本各地で行われるようになったオクトーバーフェスト。

元々、オクトーバーフェストはドイツのミュンヘンで行われているビールの祭典で色々なビールを飲みや楽しみやができるイベントです。

名古屋でのオクトーバーフェストについてまとめてみました。

スポンサードリンク

オクトーバーフェスト情報

場所

久屋大通 エンゼル広場

久屋大通エンゼル広場

松坂屋の辺りですね!

開催期間 7月7日(金)~7月23日(日)

本場ミュンヘンでは、9月半ばから10月上旬に行われますが日本では各地で4月~10月に開催される様になりました。

名古屋栄のオクトーバーフェストは、7月7日から23日までの3週間です!

開催の時間帯

土日祝 11時~21時

平日  15時~21時

土日は朝の11時から開催されます。終了時間は他のオクトーバーフェストと比べると、少し早い印象があります。22時終了の所が多いです。ゆとりをもって早めに行くと楽しめそうです。

予約はできる?

公式サイトで確認してみると、予約はできないと記載があります。

入場自体は無料なので仕方がないのかもしれません。

混んでいる時は、空いている席を見つけるのが第一関門となりそうです。

予算はどれくらい必要?

オクトーバーフェストはドイツの様々なビールが楽しめる分、値段も高いです。

具体的には、中ジョッキに一杯(500ml)分で1000円から1300円のものが多いです。

最初にビールを買う時には、ジョッキ分1,000円が必要になります。(飲み終わって返せば1,000円は戻ってきます。)

 

ビールを頼むとしたら、最低でも3,000円は必要という事になります。

 

また、ソーセージなどの料理の一品物も約1000円程度のものが多いです。

3,000円+二杯目以降(1,000円~)+料理(1,000円~)

と考えると7,000円~8000円程度あれば、ビール3杯分と料理でそれなりに楽しめます。

スポンサードリンク

オクトーバーフェストでの注意点

クレジットカードは使えない

栄のオクトーバーフェストはクレジットカードを使うことができません

 

飲み足りないと思った時にカードが使えてしまったら後で困ることになりそうですが、現金はそれなりに持って行った方がいいと思います。

忘れ物・所持品の管理に注意

お酒を飲んで酔っ払ってしまうと、忘れ物をしがちになります。雰囲気に飲まれるのがオクトーバーフェストの醍醐味ですが、家の鍵などの貴重品の管理はしっかりとしましょう。

 

もしオクトーバーフェストに行くだけなら普段使っている財布は家に置いて行き、必要な現金だけ持ってくるのも方法です。電車もICを使わずに来ましょう。

スポンサードリンク